* --.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- *** スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | Top
* 2005.11.30 → 今日で一週間経ちました。
ブログをお休みして まだ一週間ですが
りょんちゃん心配してメールくれたり
ハッチに励まされたり 一週間ぶりにPCを立ち上げて
夜も眠れないので ちょっとだけ近況をお知らせします。

事は11月上旬頃から 旦那は微熱の風邪だと信じ
治りが悪いので近所のクリニックへ行きました。
クリニックでは 尿検査もなく
先生には『典型的な風邪だねぇ!』と診断され
風邪薬を処方されクリニックには 正味2回通い
9日間同じ風邪薬を飲むはめに・・・・。

その風邪薬の説明書には 薬を飲むと
「赤い色の尿がでます。」と書かれており
タイミングが悪かったのか・・・ 薬を飲み始めた日から
実は 旦那は血尿が出ていたらしいのです。

11月20日 日曜日
午前中だるそうな体の旦那と スーパーへお買い物へ
帰宅後 食欲もない旦那が心配になり
日曜当番日の病院へ行かせる事にしました。

尿検査の結果 状態は良くないと判断され
泌尿器科へ紹介状を書いてもらい その日は帰って来て
翌朝泌尿器科へ行く事になりました。
その夜から 旦那は高熱が出始め

ただ事じゃないと判断したアタシは
旦那の症状の 血尿・むくみ・熱・腎臓とPCで検索し
アタシ調べたネットの病名判断は『急性腎炎』と思いました。

翌朝11月21日 月曜日
泌尿器科へ紹介状を持って行ったわりには 半日病院にかかり
しかし院長の顔は ただ事じゃない顔で
最初にかかった クリニックへ泌尿器科の院長が
怒鳴って電話を掛けていたくらいです。

旦那に付き添っていたアタシも院長に呼ばれ
アタシの地域では一番大きな病院の日赤へ
このまま紹介状を持って日赤へ行きなさい!と言われ
自家用車で来ていたので いったん家へ車を置いて
アタシの両親と一緒に 日赤へ時間外診察され
そのまま 旦那は救命病棟へ入院になりました。
救命病棟で1日過ごしましたが・・・

翌日11月22日 火曜日
とうとうICUに入る事になり
まだハッキリ決まった病名ではありませんが・・・
「急性腎不全」「膠原病」らしいです。

腎臓が悪いと 例え熱があろうとも
腎不全の原因を追究しないことには 解熱剤も使えず
旦那は 急激に病状が悪化し虫の鳴くような声で
2日間耐えました。 辛くて涙を流された時は
アタシも耐え切れず一緒に泣いてしまいました。。。

11月23日 水曜日
家族が呼ばれ 担当医から難しい病気だと聞かされ
まだご主人さんは若いのだから 頑張りましょう!と
励まされ その後ICUから出たアタシは廊下で号泣してしまった。

11月24日 木曜日
様子を診ていた なるべくならやりたくなかった
「透析」を開始する事になった。。。
取りあえず 一時的な透析になる可能性もあるらしく承諾

旦那は透析が始まって 2~3日は笑顔も見れるようになったり
TVを観れるようになったりしたが
血圧は高く 熱も安定しない

11月29日 火曜日
毎日実家の両親に世話になりながら 朝・夕面会に行くアタシ
今日は あまりアタシの病気を理解していない父に
自分の身の回りや交通機関を利用してひとりで
面会に行けないのか グダグダ言われ凹む

とてもじゃないが・・・ 食事は母に頼らなければ
アタシは食欲もなく 既に倒れていたかもしれない。

義母は 義父が養護施設へ入ることが決まったらしく
なかなか連絡も思うようにつかず ケータイを持たせたが
使い方がちっともわからないらしく 役立たず;

風邪気味だったアタシは・・・
カウンセリングを事情を話し待ち時間を少なくしてもらって
デパスを追加と風邪薬・うがい薬 
そして点滴で食欲がでる点滴と安定剤を3回通い頑張ってます。

明日は11月30日 水曜日
義母が 知り合いの人で膠原病が治ったとか
だれだれさんも元気になったとか 噂話を信じ
今日、勝手に担当医と 会うコンタクトをとったらしい。
そんな話 夜の電話がくるまでまったく知らなかったアタシ
その担当医の先生の話も 一緒に聞こう!と義母から
言われるのかと思ったら 何も言ってもらえなかった。。。
やっぱり アタシはただの嫁なの?

旦那は昨日の透析で すっかり体がだるくて言葉も少なく
ただアタシの手を握って 少しの間安心して眠ってくれました。

旦那は義母も義父も 親子ながら好きじゃありません。
義母の先走った行動で 担当医のご機嫌が悪くなるのが心配でたまらない。。。
母親だけに いざとなったら札幌の病院へ転移させても・・・
なんて言っていたのが気になります。
そうなったら付き添いはアタシ。。。
PDで適応障害のようなアタシに 札幌へ行けと?
治るなら そりゃ行かなきゃだけど 
アタシしっかり頑張れるのか不安でたまらない。
多分、義母は義父の介護で行けないから アタシに全て任せるつもりだろう。
義実家は 義父の病院・介護などで貧乏らしい。
我が家も貯金は少し。。。
実家の父にお願いして 当面援助してもらうことになりそうです。

旦那11月に46歳になったばかりです。
まだ命の保障は されていません。
札幌へ腎臓の細胞を送った結果待ちの状態で
これから治療方針が決まっていく まだ始まったばかりで
もう1週間も経ってしまいました。

順調に治ってきても3~4ヶ月の入院が必要とのこと
ナガイ・・・・。淋しい・・・。 辛い・・・。不安・・・。

今回はここまで
また気が向いたら記事を書きます。
この記事に関して アタシや旦那の励ましを書いてくれても
読んでもレスをする気力が 毎日ありません。
気持ちに波があり 不安定な状態の為許してね!

ただPD・適応障害・鬱などの病気を抱えた
アタシ達が この場を乗り切るにはどうしようか?とか
自分の立場で 必ず遅かれ早かれくるこの事態に
接する場合を考えてみてほしい。。。

追記
最近お気に入りだった ストラップのキャラクターが
壊れてケータイから落ちてしまった;
探してみたら見つかったけれど・・・ 修理が必要
ナンか縁起悪いような気がして 嫌だった。

そして今日、いつも使うクシが落として欠けた。。。
涙が出るくらい縁起の悪さに かなり凹んだ

では。。。 また記事を書く気になったら
暗い話なので 書くか迷ったけれどメモ代わりのつもりで
書かせてもらいました。 無理に読んで気持ちがドヨーンと
ならないよう自分の愛する家族を大事にしてくださいね。


スポンサーサイト
01:49 *** 辛い | Trackback(-) | Comment(1) | Top
* 2005.11.23 → 暫くお休みします。
ちょっと冷静でいられない程の事態が発生してしまいました。
アタシには ずーっと傍にいて頼りに頼っていた
旦那さまの命に係わる事態になってしまい
暫くネットをする余裕がないかもしれません。

アタシがしっかりしなきゃ・・・。
頑張らなくちゃ・・・。

取りあえず 今日は緊急でカウンセリングに飛び込み
点滴を受けのり切りました
まだまだ先は長いけれど しっかりしなきゃ・・・。
頑張るって言葉は 今なんだよね?
01:11 *** (*ノI)アノネ… | Trackback(-) | Comment(2) | Top
* 2005.11.16 → どして?なんで??
この水晶は ナンなのよぉぉぉぉーーーん
エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ? アリエネ━Σ(。・д・ノ;)ノ━ッ!!
何故アタシの頭の中に浮かんだものがっ!!

これは不思議だよw→ここ 
23:17 *** (*ノI)アノネ… | Trackback(-) | Comment(3) | Top
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。